プラントエンジニア 0からの育成プログラム

ライフラインを支え、人々の生活を守る。
未経験からのプラントエンジニア育成プログラム

国内・国外で活躍できる プラントエンジニアを目指して

近年、国内のみならず、アジアや中東といった新興国を中心として海外でのプラント建設の受注が増加しています。しかし、プラントエンジニアは人材不足が課題となっており、エンジニア育成が急務となっています。
共同エンジニアリングでは、国内のみならず、海外でも活躍できるプラントエンジニアの育成を目指し、未経験から目指せる育成プログラムを実施しております。

プラントとは?プラントエンジニアとは?

プラントとは工場・生産設備のことを指し、数多くの種類が存在します。いずれも我々の生活に密接し、欠かすことができないものです。主な例としては、以下の通りです。

  • 太陽光・火力・水力をもとに発電を行う「発電プラント
  • ガソリン・プラスチック・医薬品生産などを行う「産業プラント
  • 下水処理や工業排水処理、海水の淡水化などを行う「水処理プラント

プラントエンジニアとは、これらの設備の設計・管理を専門的に行う技術者のことをいいます。プラントの中でも専門分野が分類されており、機械・電気・土木・化学など各領域の技術者が集まってプロジェクトを遂行します。
新しいプラントの立ち上げと、稼働中プラントのメンテナンスが主な業務となります。

「プラント」を学ぶ

水・鉄・電気・石油・食品・化学…人が社会生活を行う上で最も重要なインフラは景気に左右されません。その価値を感じ、仕事への情熱をもってもらえるところから始まります。
またプラントは国内のみならず、「世界共通」です。日本の最高峰の技術をもって、世界のフィールドで戦って見ませんか?
0からの育成プログラムでは、プラントの技術だけではなく、社会人基礎から学び、プラントエンジニアの道を応援します。

「安全」を学ぶ

安全管理とは、エンジニアが学ぶ最も大事なプログラムの一つです。
私達が戦うフィールドは、プラント技術の為、電気やガスを精製する過程で高温な物や危険な個所が様々に隠れています。そんな場所を見つけ、未然に防ぐことで事故を防ぐことができるのです。
業界の過去の事故事例をもとに安全環境を徹底的に知識に入れ、事故0の安全な現場を実施していきます。

プラントの未来

プラント業界の現場の高齢化は意外に伝わっていません。社会基盤で不可欠な要素だからこそ、私たちは“0からの育成プログラム”で若手への技術育成に力を入れています。
世界的なエネルギー需要の高まりを背景に「育成」を基本にプラントの未来を支えます。

カリキュラム例

カリキュラム例

募集要項はこちら

その他の未経験者向けプログラムを見る